昼キャバでセレブとなったわたしの体験談を教えます

明るい時間に気軽に働ける昼キャバ

私は昼キャバをすることによって、セレブになることができました。元々私はと言ったら、セレブっていうのには縁がなかったのですが、やっぱり昼キャバをするのだからたくさんお金を稼がないと、と思ってかなり頑張りました。そして、結構な伝説を作ったのではないかと思います。では、その伝説についての紹介をしていきます。

私は元々あまり寝ない方でしたし、結構記憶力もよくて人の名前も覚えるほうだったということもあり、1回でかなりの数のお客さんの相手をしていました。これはどういうことかといいますと、結構お客さんに送るメールの数が多かったわけですが、そうなるとやっぱり文章は定型文になるわけです。これはほとんどの女の子がそうだと思いますが、私の場合は、携帯に入っているメモリーすべてのお客さんと何を話したのかというのを結構覚えることができていたので、一人一人にちゃんとメールができていたのです。

そうなってくるとどうなるかですが、当然お客さんからの評判も上がります。ちゃんと自分のことを覚えてくれているんだなっていうことで、やっぱり指名の数も増えていくわけですよ。当然、お客さん同士が情報を共有しているわけもありませんから、とにかく取り合いです。それで、毎日忙しいったらなかったです。同伴も結構ありましたし、おかげさまでぶっちぎりのナンバーワンを取ることができたわけです。このことは、お店の中でもかなり知られていることですね。

お客さんにとって、大事なのは自分のことを覚えていてくれたのかということですが、私の場合はそれがしっかりとできていたのかなと思います。普通だったら気にも留めないことだって覚えているわけですから、それはもうお客さんも特別扱いしてくれていると思ってしまいますよね。実際、別に特別扱いではなくて、勝手に覚えてしまっていることです。そういう意味でも伝説と呼ばれたのかなって思いますね。

もし、あなたが昼キャバで働きたいという気持ちをお持ちでしたら、
昼キャバで働く女の子が使っているサイトに登録してみてはいかがでしょうか。

当然、昼キャバでナンバーワンになるのは難しいと思いますし、容姿やトーク、それに気づかいなどが高いレベルで備わっていることが大切です。たまたま私の場合はこれで昼キャバに成功できてセレブになって、挙句の果てに伝説とまで呼ばれたわけです。ただ、実際に仕事をしてみると、この点はとても大事なことだということが分かってもらえると思います。これにつなげる意味で、お客さんのことをしっかりと考えた昼キャバをしてセレブを目指してみてほしいなと思います。